画面右側には驚いた様子の若君、左側には手に硯を包んでいた布を持って、慌てた様子の仲太小三郎が描かれている。この画面は、家臣である小三郎が、藤原家の家宝である硯を誤って割った場面を表現するものである。画面下部には、装飾文様が施された硯箱と二つに割れた硯が描かれ、そこから霊気が立ち昇り、境内の扁額にまで及んでいる。境内図下部には、書写山のふもとを流れる夢前川が描かれている。
 
廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved