大倉信満
 三筋立縞柄の着物の上によろけ縞柄の腰切を着る。長股引をはき、男帯と上締をしめる。手甲をつけ、手拭いを頭巾のように被る。

男性
 三筋立縞柄着物に格子柄腰切を着る。男帯と上締をし、木瓜唐草柄の風呂敷を背負う。着物の下から褌がのぞく。脚絆に菅笠をかぶる。
 男性は帯の上から上締めをする絵が多いが、単調な男性の衣裳にアクセントをそえている。またこの挿絵は、さまざまな縞柄を効果的に用いている。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved