人魚
 頭飾・胸飾・腕釧をつけ、腕に領巾(ひれ)を掛け、観音を意識した姿で表現される。
 豊国は近江観音寺との地形的共通性から歌舞伎「雙生隅田川(ふたごすみだがわ)」の琵琶湖鯉つかみの場面で鯉が滝を昇る様子に似せ、上半身に観音、下半身に魚を合体させた図像に仕立ている。

聖徳太子
 丸龍と雲文の直衣(のうし)に、に霰文(あられもん)の有職文様の指貫(さしぬき)をつけ、石帯(せきたい)をしめる。冠を被って、手には錫を持つ。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved