結城宗太夫
 えび茶襦袢の上に蛸絞り袖無しを着る。襦袢と同色の軽衫袴(かるさんばかま)をはき、腰簑をつけ、その上から上締をしめる。腰簑は飛び立つ様を効果的に表すために着せられたものだろう。

鬼女
 紗綾形(さやがた)文様の地模様に雲文入った着物を着る。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved