法道仙人
 扁額中、法衣姿で描かれる。

藤井某
 襦袢の上に着物を着、横縞軽衫袴(かるさんばかま)をはく。

船頭たち
 亀甲柄の筒袖襦袢を着て、鉢巻きをしめる。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved