伊藤民部・今村五郎
 ともに鎧をつける。一方は、雲文と卍字崩し柄の衣裳の上に鎧をつけ、もう一方は、亀甲業平菱文の衣裳の上に鎧をつける。

乙若丸
 菊模様の振袖を着て、袴をはく。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved