山蔭中納言
 亀の背に助けられた男児の姿で表現される。宝尽し文四ツ身振袖を着て、袴をはく。

高房
 烏帽子を被り、直衣と指貫をつける。

女性
 紋付裾模様着物に、卍字崩し文の丸帯を結ぶ。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved