辰女
 黒襟の着物に鉢巻きをする、病人の姿で描かれている。

童子
 髪型は唐輪髷。豆(ささげ)の付いた振袖に東絎帯(あずまくけおび)を結ぶ。『百番観音霊験記』では、唐子髷を結った、豆(ささげ)つき振袖姿の童子は、必ず東絎帯をしている。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved