聖徳太子
 袈裟をつけた小姓姿で表現される。袈裟の下に、豆(ささげ)の付いた菊唐草模様の振袖を着る。に霰文(あられもん)の袴に雲文柄の筺と扇子を持つ。元結には、飾り紐が用いられている。袈裟の着用で神聖な人を表現しているが、全体的に女性らしい雰囲気を醸し出している。

老女
 黒襟の絣模様着物に、三筋格子前帯をしめる。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved