主馬判官盛久
 無地着物に仙台袴をつける。無地の着物を着ることで、罪人を表現する。

男性
 太刀取とおぼしき男性は、亀甲花菱文の着物を諸肌脱ぎにした下に、同じ模様で色違いの亀甲紋様の着物を着て、黒糸丸素網をつける。手甲と脚絆をつけ、重ね鋸歯柄袴を股立姿にし襷(たすき)を掛け、鉢巻きをする。股立は位の低い人を表す。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved