後白河院
 分銅文地に丸に龍文柄を重ねた小忌衣(おみごろも)を着て、胸前で華鬘紐(けまんひも)を結び、丸に花菱紋の指貫(さしぬき)をつける。小忌衣の中には数枚の下着や間着を重ねる。小忌衣は、歌舞伎衣裳では高位の人の部屋着として用いられる。
 歌舞伎に造詣の深い江戸の庶民は『菅原伝授手習鑑』の斎世親王、『義経千本桜』四つ切りの源義経、『毛抜』の小野左衛門春道をたちどころに思い出すであろう。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved