杉女
 お歯黒をした既婚女性の姿で描かれる。黒襟の網代模様の着物に、唐草丸帯に縞の前掛けをして、襷(たすき)をかけている。

女性
 お歯黒をしない未婚女性の姿で描かれる。唐棧縞柄の着物に、麻の葉鹿の子昼夜帯を締め、その上から前掛けと襷をし、下駄を履く。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved