良弁僧正
 えび茶麻法衣に、茶木綿絎帯(くけおび)を結ぶ。

比良の神
 魚籠(びく)と釣竿をもった漁師姿で表現される。蛸絞り柄の筒袖半襦袢、もしくは腰切に木綿縞帯を締め、三筋縞の袖無しと翁格子柄伊賀袴をはき、菅笠を被る。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved