松尾芭蕉
 十徳(じっとく)を羽織り、宗匠頭巾を被る。いわゆる道服姿である。

子供たち
 それぞれ、@若衆髷に結い、弁慶格子柄の四つ身を着て、赤ん坊を負う。A亀甲柄隅取り腹掛けだけで他には何も身につけていない。素足。B頭部を剃り、麻の葉柄袖無しを着る。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved