聖宝僧正
 笈を背負う山伏姿で描かれる。頭巾(ときん)に工字繋ぎに雲龍文の筒袖、その上に結袈裟を着て、鈴懸(すずかけ)をかける。輪宝(りんぽう)軽衫袴(かるさんばかま)をつけ、上締をして黒足袋をはく。袴は「勧進帳」の武蔵坊弁慶の大口袴文様である輪宝文と同じである。

侍者
 入子菱柄筒袖の上に毘沙門亀甲紋の袖無しの着物を肩衣(かたぎぬ)風に着し、軽衫袴に引敷(ひきしき)をつける。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved