山州綺田村の農女
 髪型は洗い髪。石持(こくもち)のついた梅樹柄振袖を着て、鹿子絞り麻の葉柄振帯をしめる。

蛇の化身
 茶筅髪の若衆姿に描かれる。火焔柄小袖を着て、丸輪柄袴をはく。小袖の上の着物は、諸肌脱ぎになっている。火焔模様は「鳴神」で鳴神上人が怒りを表すときに見せる文様である。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved