閑院左大臣冬嗣公
 冠を被り、縫腋袍(ほうえきのほう)に石帯(せきたい)を締め、浮線藤文の指貫(さしぬき)をつけて、有職文様の下襲の裾を後ろに流し、沓をはく。これは正式な公家束帯である。袍(ほう)は特に、遠くからは黒一色に見えながら、近くで見ると地文が浮かび上がる綾織を表し、唐草文様が浮かびあがる工夫がなされている。 

春日大明神
 衣冠に大きな亀甲柄の袍、指貫をつける。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved