中臣信近
 折り烏帽子を被り、菊唐草文の直垂を着る。

女性
 丸菱文の紋付き着物に帯を締め、お歯黒をした既婚女性の姿で表現される。信近が公家装束であるのに対して、彼女は武家女性の姿で描かれる。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved