長門国の少女
 着物に笈摺を羽織り、手甲と脚絆をつけ、首から巡礼札を提げる順礼姿で表現される。着物の豆蔵柄は江戸ではやじろべえと呼ばれ、左右にゆれる姿が順礼を連想させる。

漁師
 蛸絞り筒袖襦袢に腰簑をつけ、褌と脚絆をつけた足がのぞく。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved