栖軽
 巻纓(けんえい)の冠を被り、両肩と腰に縁飾りのついた雷文上衣に、石畳に木瓜文様の袴をつけ、襪の上に沓をはく。石畳と瓜の輪切りの形は霰文(あられもん)といい、有職文様に用いられる。殿上人の武官束帯姿だが、誇張され装飾化されており、鍾馗を想像させる。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved