藤井安基
 亀甲つなぎ肩付き格子の着物の内に、浴衣を着る。女性用の下帯を結び、首に手拭いを粋に結ぶ。着物は黄八丈のどてらのようにも見える。茶筅髪、片肌脱いで屈強な悪者に見せている。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved