光明皇后
 少女の姿で表現され、石持(こくもち)のついた小袖に亀甲柄振帯をしめる。髪には早苗の飾りを挿す。

老婆
 絣に五つの石持(こくもち)がついており、前帯をしめる。

小姓
 前髪姿で、狩衣を着る。

藤原不比等
 烏帽子をかぶり、袖括りのついた丸に花菱文直衣に、向かい鶴菱文の指貫を着る。花菱文・向かい鶴菱文ともに、有職文様である。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved