渋川佐太夫
 袷を東絡(あずまから)げに着る。男帯のうえに上締を締め、柄杓を腰に差す。袖無しを羽織り、手甲と脚絆をつける。おかげ参りの装束から、袖無しは笈摺(おいずる)ともみえる。袖無しは上方でだんち羽織と呼ばれ、子供や老人が着用した。


 黒襟豆蔵柄紋付振袖に、鹿子入りの振帯を締め、その上から笈摺を着る。髪には団扇簪を挿す。

童子
 唐輪髷を結った小姓姿。豆(ささげ)の付いた、流水に牡丹柄紋付振袖を着る。袴に東絎帯(あずまくけおび)を結び、蓮の花一茎と箸紙を持つ。東絎帯は丸帯を太く大きくしたもので、歌舞伎の衣裳として用いられる。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved