金商人(かねあきうど)
 大倉信満(おほくらのぶミつ)

 信満(のぶミつ)ハ奥州(おうしう)の者(もの)にて毎年(まいねん)京洛(ミやこ)へ商(あきなひ)に上(のぼ)る度(たび)に熊野(くまの)へ参詣(さんけい)をすること三十三度(たび)に及(およ)びその供養(くやう)に観音(くわんおん)の像(ぞう)を造(つく)らんと念(ねん)じけれバ奥州(おうしう)永井(ながゐ)の文珠童子(もんじゆどうじ)に化(け)して神木(しんぼく)の榎(ゑ)の木(き)をもつて十一面(めん)の像(ぞう)を造(つく)りてあたふ信満(のぶミつ)歓喜(くわんき)のあまり奥州(おうしう)より三百金(きん)を取(とり)よせて御室(ミむろ)の辺(へん)にて供養(くやう)をとげ古郷(こけう)へ持皈(もちかへ)る途中(とちう)美濃国(ミのゝくに)垂井(たるゐ)の庄(せう)[今の谷汲]にて仏像(ぶつぞう)重(おも)くなること盤石(ばんじやく)のごとくにして更(さら)に動(うご)かずさてハこゝぞ仏縁(ぶつえん)の地(ち)ならんと則(すなハち)当所(たうしよ)に御堂(ミだう)を建立(こんりう)せしかバ誠(まこと)に験(れいげん)日々(ひゞ)に新(あらた)にして三十三番(ばん)の結願所(けちぐわんじよ)とハなれり凡(およそ)西国(さいこく)順礼(じゆんれい)ハ花山(くわざん)の法皇(ほうわう)長徳(ちやうとく)元年(ぐわんねん)三月十五日熊野(くまの)に至(いた)り六月朔日この谷汲(たにぐミ)に来り給ふその間(あひだ)七十五日是(これ)を諸人(しよにん)順礼(じゆんれい)のはじめとして其(その)功徳(くどく)広大(くわうだい)なりいづれの仏(ほとけ)も慈悲(じひ)にあらざるハなけれども観音(くわんおん)ハ大慈大悲(だいじだいひ)の菩薩(ぼさつ)にましませバふかく信心(しん゛/\)をいたすべし穴賢(あなかしこ)

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved