人魚(にんぎよ)
 聖徳太子(しやうとくたいし)此(この)石寺村(いしてらむら)を日暮(ひぐれ)に通(とほ)り給へバ芦原(あしハら)のうちより面(おもて)は人(ひと)にて下(しも)ハ魚(うを)なるもの出(いで)て我(われ)前生(ぜんしやう)に殺生(せつしやう)を好(この)ミし業(がう)によつてかゝる身(ミ)となれり何卒(なにとぞ)尊聖(そんし)哀(あハれミ)をたれ給ひて当所(たうしよ)に千手(せんじゆ)の大悲(だいひ)を安置(あんち)し伽藍(がらん)を建(たて)給へしかあらバ忽(たちまち)苦道(くだう)をまぬかれて天上(てんじやう)に生(しやう)ぜんといへバ太子(たいし)則(すなハち)堂(だう)をたて千手(せんじゆ)の大士(だいし)の像(そう)を刻(こく)して彼(かれ)が菩提(ぼだい)を七日(なぬか)吊(とふら)ひ給ひしに其(その)満(まん)ずる日(ひ)天人(てんにん)あまくだりて太子(たいし)にまミへ我生天中(がしやうてんちう)受勝妙楽(じゆしやうめうらく)と唱(とな)へてわれ聖君(しやうくん)の慈力(じりき)をもつてはや利天(たうりてん)に生(しやう)ぜしかバ拝謝(はいしや)奉(たてまつ)ると述(のべ)て飛去(とびさ)れりとなり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved