佐原藤十郎(さハらとうじうらう)
 藤十郎(とうじうらう)ハ越前(ゑちぜん)の者(もの)にて父母(ふぼ)を失(うしな)ひてのち家財(かざい)を売払(うりはら)ひて路銀(ろぎん)となし都(ミやこ)へ上(のぼ)るミち江州(ごうしう)志賀(しが)の里(さと)にて盗賊(とうぞく)に出合(であひ)衣類(いるゐ)等(とう)剥取(はぎとら)れ水中(すいちう)へ捨(すて)られしところ肌着(はだぎ)のうちに此(この)長命寺(ちやうめいじ)の守仏(まもりぶつ)ありてふしぎと光(ひか)りを放(はな)ちけれハ漁夫(ぎよふ)の夜網(よあミ)にかゝりて引(ひき)あげられ蘇生(よミがへ)りしかバ仏力(ぶつりき)を尊(たうと)び終(つひ)に長命寺(ちやうめいじ)の住僧(ぢうじ)の弟子(でし)となりて普門品(ふもんほん)をおこたらず誦(じゆ)し後(のち)に堅田村(かただむら)に堂(だう)を建(たて)てその命(いのち)の助(たすか)りたる守仏(まもりぶつ)を安置(あんち)して猶(なほ)ふしぎの験(れいげん)を蒙(かうむ)りたるとなり叉当山(たうざん)の観音(くわんおん)は疱瘡(ほうさう)を守(まも)り玉ひて信(しん)ずる者(もの)はさらに怪我(けが)なしといふなり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved