結城宗太夫(ゆふきそうだいふ)
 鴻(こう)の浦(うら)の漁夫(りやうし)宗(そう)太夫ハ常(つね)に観音(くわんおん)を信(しん)じて殊(こと)に慈悲(じひ)深(ふか)く村民(むらびと)を恵(めぐ)ミしに或時(あるとき)十七艘(そう)の夜船(よふね)俄(にハか)の大風(たいふう)に破損(はそん)してミな〓行方(ゆきがた)を失(うしな)ひしに宗(そう)太夫のみ羅刹国(らせつごく)へ吹流(ふきなが)されて一旦(いちたん)の命(いのち)ハ助(たす)かりたれども鬼女(きぢよ)に捕ハれてまたながらへべくもあらねバ一信(いつしん)に観音(くわんおん)を祈念(きねん)しけれバ夢中(むちう)のごとくに白馬(はくば)あらハれて宗(そう)太夫を乗(のせ)て虚空(こくう)を走(はし)ツて当所(たうしよ)に来りはじめて夢(ゆめ)の覚(さめ)たる心地(こゝち)して白馬(はくば)の行衛(ゆきえ)を尋(たづね)けれバ当山(たうざん)に登(のぼ)りし足跡(あしあと)ありさてハ大悲(だいひ)の助命(ぢよめい)なることを知(し)ツて則(すなハち)馬頭観音(ばとうくわんおん)を刻(きざ)ミて当(とう)山に崇祭(あがめまつ)りしを一条院(いちでうゐん)聞召(きこしめし)て勅(ちよく)あつて堂舎(だうしや)を御建立(ごこんりう)のうへ宗(そう)太夫に賜(たまハ)る茲(こゝ)におゐて宗(そう)太夫の子孫(しそん)永々(えい/\)此堂(このだう)の主(あるじ)たり宗(そう)太夫其(その)妻子(さいし)等(ら)が百ヶ日(ひやくかにち)の吊(とむら)ひの日(ひ)にあたつて無事(ぶじ)に家(いへ)に皈(かへる)ことふしぎの験(れいげん)なり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved