法道仙人(ほうだうせんにん) [一名空鉢(くうはち)]
 当山(たうさん)千手(せんじゆ)の大慈(だいじ)ハ法道(ほうだう)天竺(てんぢく)より持来(もちきた)りたる尊像(そんぞう)にて霊験(れいげん)ことにあらたなり法道(ほうだう)常(つね)に観音(くわんおん)の宝鉢(ほうはち)を飛(とば)して人(ひと)の供養(くやう)をうく大化元年(たいくわぐわんねん)八月藤井(ふじゐ)某(なにがし)禁中(きんちう)の御米(おんこめ)を船(ふね)に積(つミ)て播磨灘(はりまなだ)を走(はし)る此時(このとき)法道(ほうだう)の鉢(はち)飛来(とびきた)りて供米(くまい)を乞(こ)ふ藤井(ふぢゐ)がいふ是(これ)ハ禁中(きんちう)の米(こめ)にて私(わたくし)に施(ほどこ)しがたし強(しい)て乞(こハ)バ法道(ほうだう)ハ妖人(ようじん)にて天下(てんか)の邪敵(じやてき)なりと直(ちよく)をいへば彼鉢(かのはち)空(むな)しく山(やま)に皈(かへ)るにしたがひて千石(せんごく)の米俵(こめだハら)雁金(かりがね)の渡(わた)るがごとくにみな山(やま)に飛行(とびゆき)しゆへ藤井(ふぢゐ)驚(おどろ)きて山(やま)に登(のぼ)りワびことしけれバ又残(のこ)らず船(ふち)に米(こめ)ハ戻(もど)りたゞ一俵(いつひやう)南(ミなミ)の河上(かハかミ)におつるこゝを今(いま)米堕村(よねだむら)といふ孝徳帝(かうとくてい)ことに空鉢(くうばち)の法術(ほうじゆつ)を感(かん)じ給ひて伽藍(がらん)の大施主(だいせしゆ)となり玉ひてよりいよ/\堅固(けんご)の道場(だうぢやう)とハなれり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved