山蔭中納言(やまかげちうなごん)
 中納言(ちうなごん)六歳(ろくさい)の時(とき)父(ちゝ)高房公(たかふさこう)と共(とも)に西国(さいこく)下向(げかう)の途(ミち)淀(よど)の渡(わた)り穂積(ほづミ)の橋(はし)にて大(だい)なる亀(かめ)をとりて殺(ころ)さんとするものあり高房公(たかふさこう)常(つね)に観音(くわんおん)を信(しん)じて慈悲(ひ)ふかくましませバこれを買取(かひとつ)て放(はな)ち玉ひしにその翌朝(よくてう)乳母(めのと)御子(おんこ)を海中(かいちう)へ落(おと)しけるに順風(じゆんふう)烈(はげ)しく終(つひ)に見失(ミうしな)ひけれバ高房公(たかふさこう)悲(かなし)ミのあまり遥(はるか)に長谷寺(はせでら)の方(かた)を拝(をが)ミ玉ひて我子(わがこ)再(ふたゝ)び出(いで)なバ千手(せんじゆ)の尊像(そんぞう)を彫(きざ)ミ永(なが)く信(しんかう)すべしと祈(いの)り給へバふしぎや昨日(きのふ)放(はな)ちし大亀(だいがめ)御子(おんこ)を甲(かうら)に乗(のせ)て助(たす)け来(きた)れバ薩(さつた)の利益(りやく)を深く感悦(かんえつ)し玉ひて急(いそ)ぎ尊像(そんぞう)を造(つく)らんとなされしにはからずも薨(かくれ)玉ひ御子(おんこ)の中納言(ちうなごん)御父(おんちゝ)の志願(しぐわん)をついて唐(から)より栴檀香(せんだんかう)の霊木(れいぼく)を取(とり)よせられ変化(へんげ)の童子(どうじ)に彫(ほら)し玉ふ尊像(そんぞう)是(これ)なれバ験(れいげん)殊(こと)にあらたなり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved