辰女(たつぢよ)
 亀山(かめやま)の城下(じやうか)なる金谷(かなや)某(なにがし)の下女(げじよ)辰(たつ)ハ常(つね)に此仏(このほとけ)をふかく信(しん)じてこの御寺(ミてら)までハ一里半(りはん)もあるに毎月(まいげつ)の御縁日(ごえんにち)にハ参詣(さんけい)をかゝさず乞食(こつじき)犬猫(いぬねこ)までにもよく食(しよく)をあたへ慈悲(じひ)ふかき者(もの)なりしがその頃(ころ)世間一統(せけんいつとう)の疫病(やくびやう)にふして十死一生(じつしいつしやう)の苦(く)をせしがある夜(よ)主人(あるじ)家内(かない)を見廻(ミまハ)るとき辰(たつ)女のふしどを伺(うかゞ)へバ光明(くわうめう)かゞやくがゆへふしぎなることゝ急(いそ)ぎ辰(たつ)をおこしけれバ辰(たつ)驚(おどろ)き目(め)を覚(さま)して主人(あるじ)にむかひあら有難(ありがた)やたゞ今(いま)夢(ゆめ)に穴穂寺(あなうでら)のものなるとて私(わたくし)が口(くち)へ柳(やなぎ)の枝(えだ)もて鉢の水(ミづ)を注(そゝ)ぎ給へバ苦(くるし)ミたちどころに癒(いえ)たりと語(かた)りその翌日(よくじつ)より食づきて間(ま)もなく全快(ほんぶく)に及(およ)びしゆへいよ/\信心(しん゛/\)していのりけれバ末(すゑ)安楽(あんらく)の身(ミ)となりしハ誠(まこと)にありがたき御利益(ごりやく)なり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved