聖徳太子(しやうとくたいし)
 此(この)尊像(そんぞう)ハ篋(はこ)にいつて淡路(あハぢ)の海上(かいしやう)に漂(ただよ)ひ来(きた)るを太子(たいし)取上(とりあげ)玉ひて御身(おんミ)を放(はな)さず持(もち)玉ふ其後(そのご)天王寺(てんわうじ)御建立(ごこんりう)のため良材(よきざい)を尋(たづ)ね玉ふ折節(をりふし)この地(ち)に来(きた)り玉ひ此像(このぞう)を樹(たらのき)の枝(えだ)に掛(かけ)おき沐浴(もくよく)し玉ひて取揚(とりあげ)玉ふに磐石(ばんじやく)のごとく重(おも)くなりて揚(あが)らずしばらく祈念(きねん)し玉へバ夢(ゆめ)うつゝの如(ごと)くの御告(おんつげ)に吾(われ)と君(きミ)ハ七世(せ)の縁(えん)あり又(また)此地(このち)に縁有(えんある)がゆへこゝを去(さら)ずと太子(たいし)いよ/\尊(たうと)び此地(このち)に安置(あんち)せんとあたりの嫗(うば)に語(かた)り玉へバ君(きミ)幸(さいはひ)かな此辺(このほと)りに杉(すぎ)の大樹(だいじゆ)ありふしぎと此木(このき)朝毎(あさごと)に紫雲(しうん)たなびきて覆(おほ)ふ霊木(れいぼく)なり急(いそ)ぎこれをもつて造(つく)り玉へと教(おし)ゆ太子(たいし)歓(よろこ)び玉ひて六角堂(ろくかくだう)を造(つく)らしめ玉ふにたゞ一本(いつほん)の杉(すぎ)にて造(つく)りあげ玉ふハ誠(まこと)に奇異(きゐ)なる事(こと)なり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved