空也上人(くうやしやうにん)
 天暦(てんりやく)五年(ごねん)の春(はる)洛中(らくちう)ことの外(ほか)大疫病(だいやくびやう)流行(はやり)て諸人(しよにん)の葬屍(さうし)巷(ちまた)にミち万人(ばんにん)の悲(かなし)ミいはん方(かた)なく因茲(これによつて)空也上人(くうやしやうにん)ふかく歎(なげ)きて自(ミづか)ら十一面(めん)の像(ぞう)を刻(きざ)ミて丹誠(たんせい)強情(がうじやう)に祈(いの)り尊像(そんぞう)を車(くるま)に乗(のせ)て市中(しちう)を牽(ひき)わたりて信心(しん゛/\)をすゝめしに一度(ひとたび)牽(ひき)ワたりし町々(まち/\)ハとみに癒(いえ)ければ諸人(しよにん)も大悲(だいひ)の妙智力(めうちりき)をふかく尊(たうと)び終(つひ)に当寺(たうじ)を開基(かいき)してその仏躰(ぶつたい)を本尊(ほんぞん)とせり疫病(やくびやう)流行(りうこう)の時(とき)観音(くわんおん)へ供(くう)じたる典薬(くすり)を疫人(ゑきじん)に呑(のま)しむるに独(ひとり)として平癒(へいゆ)せざる者(もの)なきを村上天皇(むらかミてんわう)聞召(きこしめさ)れてことに御信心(ごしん゛/\)あつてその典薬(くすり)を吉例(きちれい)として毎歳(まいねん)元三(ぐわんさん)に服(ふく)し玉ふより諸人(しよにん)も此例(このれい)をおふて王服(わうふく)と号(がう)し祝(いハ)ひ用(もちゆ)るハ一年(ひとゝせ)の疫(ゑき)れいを免(まぬか)るゝ為(ため)なりといへり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved