良弁僧正(りやうべんそうじやう)
 聖武天皇(しやうむてんわう)の勅命(ちよくめい)をもツて良弁(りやうべん)金峯山(よしのやま)の黄金(こがね)を掘(ほ)らんことを蔵王権現(ざわうごんげん)に持念(ぢねん)しけれバ蔵王(ざわう)夢(れいむ)に告(つげ)玉ふにハ此山(このやま)の黄金(かね)ハ弥勒(ミろく)出世(しゆつせ)の用弁(ようべん)なれバ恣(ほしいまま)に取(とる)ことをゆるされづ外(ほか)に教(おし)ゆる所(ところ)あり江州(ごうしう)勢田郡(せたごほり)に一(ひと)ツの山(やま)あり是(これ)ハ如意輪観音(によいりんくわんおん)の地(れいち)なれバこゝにおもむきて祈念(きねん)すべしと良弁(りやうべん)教(おしへ)の如(ごと)く勢田(せた)に趣(おもむき)し処(ところ)石上に翁(おきな)ありて釣(つり)を垂(たる)るに向(むか)ひて何人(なにびと)なるやと聞(きゝ)けれバ我(われ)ハこの山(やま)の主(あるじ)比良(ひら)の神(かミ)なり如何(いか)にも茲(こゝ)は観音(くわんおん)の地(ち)なりと教(おしへ)て失(うせ)ぬ良弁(りやうべん)喜悦(よろこび)て其辺(そのほとり)に庵(いほり)を結(むす)びて如意輪(によいりん)の尊像(そんぞう)を造(つくり)しに程(ほど)なく奥州(おうしう)より黄金(こがね)を貢(ミつぎ)しハ是(これ)ふしぎの験(れいげん)也この時(とき)大伴(おほとも)の家持(やかもち)祝(しゆく)してよめり
 すべらぎの御代(ミよ)栄(さかえ)んと東(あづま)なる陸奥山(ミちのくやま)に金(こがね)花咲(はなさく)

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved