芭蕉翁(はせをおう)桃青(とうせい)
 芭蕉翁(はせをおう)常(つね)に観音経(くわんおんぎやう)を信(しん)じことに此(この)岩間寺(いハまでら)の薩(さつた)を念(ねん)じて閑素幽棲(かんそゆうせい)の風流(ふうりう)を志(こゝろざ)せしかバ終(つひ)にその験(れいげん)を蒙(かうむ)りて末代(まつだい)に名を天下(あめがした)にかゞやかせり紫式部(むらさきしきぶ)は此(この)辺(ほと)りの石山寺(いしやまでら)の観音(くわんおん)にこもりて持念(ぢねん)し源氏物語(げんじものがたり)の秀箸(しうさく)あり芭蕉翁(ばせうおう)はこの山(やま)つゞきの国分(こくぶ)山に三年(ミとせ)の間(あひだ)住(すミ)て幻住庵(げんぢうあん)の記(き)をかゝれ一夏(いちげ)九旬(くじゆん)に法華(ほつけ)二十八品(ぼん)を一石(いつせき)に一字(いちじ)づゝ書(かゝ)んと思(おも)ひて里(さと)の童(わらべ)たちに小石(こいし)を拾(ひろ)ハせ携(たづさ)へ来(きた)るものにハその賃(ちん)にとて菓子(くわし)なぞを与(あた)へけるゆえ童(わらべ)たちハ翁(おきな)を慕(した)ひあつまりて既(すで)にその功(こう)達(たつ)し其(その)記(き)文のおくによむ
 先(まづ)たのむ椎(しい)の木(き)もあり夏木立(なつこだち)はせを

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved