聖宝僧正(しやうはうそうじやう)
 当山(たうざん)開基(かいき)聖宝僧正(しやうはうそうじやう)ハ中興(ちうこう)諸山(しよさん)の路(ミち)をひらき川々(かわ/\)に橋(はし)をわたし又(また)舟(ふね)をうかべて往来(ゆきき)の助(たす)けとすること数多(かずおほ)しむかし役小角(えんしやうかく)熊野(くまの)より大峯(おほミね)に入(い)り吉野(よしの)に出(いづ)る山伏(やまぶし)の峯入(ミねいり)をはじめしが其後(そのゝち)大蛇(だいじや)出(いで)て人(ひと)を悩(なやま)すがゆゑ峯入(ミねいり)すること叶(かな)ハざりしに聖宝(しやうはう)鉞(まさかり)を以(もつ)てかの大蛇(だいじや)を退治(たいぢ)して大峯(おほミね)より熊野(くまの)へ出(いで)けるこれを逆(ぎやく)の峯入(ミねいり)といふ然(しか)るに聖宝(しやうはう)蛇毒(じやどく)に触(ふれ)て悪瘡(あくさう)を生(しやう)じ苦痛(くつう)たへがたけれバ準胝(しゆんてい)陀羅尼(だらに)を信(しん)じけれバ大悲(だいひ)の夢(れいむ)に宇治郡(うぢこほり)笠取山(かさとりやま)に水(れいすゐ)あり是(これ)ハ三世(さんぜ)の諸仏(しよぶつ)影向(えいがう)ありて醍醐(だいご)経(きやう)を加持(かぢ)すれバ急(いそ)ぎゆきて浴(ゆあミ)せよと告(つげ)給へバ聖宝(しやうはう)よろこびて教(をしへ)のごとくゆあみせしに立処(たちどころ)に悪瘡(あくさう)愈(いえ)たりこれによつて此処(ここ)に御寺(ミてら)を建立(こんりう)せり醍醐(だいご)といふはその水(れいすゐ)をかたどりたる号(がう)と知(し)るべし

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved