春日(かすが)の社司(ミやびと) 中臣信近(なかとミののぶちか)
 後一条院(ごいちでうゐん)の御代(ミよ)信近(のぶちか)[信清(のぶきよ)嫡男(ちゃくなん)]蛇眼瘡(じやがんさう)を病(やミ)て医療百計(いりやうひやくけい)手(て)を尽(つく)せども本腹(ほんぷく)なく元来(もとより)業病(がうびやう)なるがゆゑ神仏(しんふつ)を祈(いの)るの外(ほか)なしとこの長谷寺(はせでら)の観音(くわんおん)を一信(いつしん)に念(ねん)じけれバ御寺(ミてら)の方(かた)より烏(からす)飛来(とびきた)りて瘡(さう)のうちより少(ちいさ)き蛇(へび)を喰出(くひいだ)すと夢見(ゆめミ)けるが忽(たちま)ち苦痛(いたミ)をわすれ程(ほど)なく愈(いえ)たるものから大悲(だいじ)の利益(りやく)を報(ほう)ぜんと長途(ちやうど)の回廊(くわいらう)を建立(こんりう)せりその外(ほか)未来(ミらい)男(をとこ)の験(れいげん)中将姫(ちうじやうひめ)の験(れいげん)唐(もろこし)馬頭(めづ)夫人(ふしん)の験(れいげん)新羅国(しんらこく)照明王(しやうめうわう)の后(きさき)の利生(りしやう)吉備(きび)大臣(だいじん)大唐(もろこし)にて野馬台(やばだい)の詩(し)を読(よミ)たる験(れいげん)源氏(げんじ)玉葛(たまかつら)の尋(たづ)ね給ふ人(ひと)に逢(あひ)し験(れいげん)住吉(すミよし)物語(ものかたり)にも長谷寺(はせでら)の観音(くわんおん)は恋路(こひぢ)を祈(いの)るに能叶(よくかな)へ玉ふともあり已(すで)に謡(うたひ)にも足曳(あしびき)の大和路(やまとぢ)や大唐(もろこし)までも聞(きこ)ゆなる初瀬寺(はつせでら)に詣(まうで)つゝと綴(つゞ)りたるも宜(むべ)なるかな古今(こゝん)の験(れいげん)挙(あぐ)るにいとまなしたゞ頼(たの)め信(しん)ずべし

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved