栖軽(すかる)
 雄略天皇(ゆうりやくてんわう)廿三年(にじふさんねん)帝(みかど)大安殿(だいあんでん)に在(まします)とき俄(にハか)に風雨雷電(ふううらいでん)はげしく発(はつ)しけれバ随身(ずゐしん)小子部(こしべ)栖軽(すかる)に詔(みことのり)して汝(なんじ)急(いそ)ぎ雷神(らいじん)を捕(と)り来(きた)るべしと勅命(ちよくめい)を蒙(かうむ)り直(たゞち)に馬(うま)を馳(はせ)て阿部山(あべやま)の方(かた)に追行(おひゆき)轟(とゞろ)きわたる虚空(こくう)を白眼(にらミ)て我朝(わがてう)の空(そら)なり勅命(ちよくめい)を知(し)らずやと大音(だいおん)に罵(のゝし)りしかども雷鳴(らいめい)止(とゞま)らず栖軽(すかる)壺坂寺(つぼさかでら)の方(かた)にむかひて観音薩(くわんおんさつた)王土(わうど)をあに拗護(ようご)あらざるやと言(いひ)つゝかの普門品(ふもんぼん)の妙文(めうもん)雲雷鼓掣電(うんらいこせいでん)降雹大雨(がうはくじゆだいう)念彼観音力(ねんぴくわんおんりき)応時得消散(おうじとくしやうさん)と時念(じねん)しけれバ御寺(ミてら)の方(かた)より異光(ゐくわう)はためくと見(ミ)へけるよりさながら烈(はげし)き雷(いかつち)豊浦(とよら)と飯岡(いゝおか)の間(あひだ)へ落(おち)たるを生捕(いけどり)て王宮(わうきう)へ献(けん)じけれバ殿上(でんじやう)人賞(しやう)せぬ者(もの)なく是(これ)より神取(かミとり)栖軽(すがる)と号(なづけ)けり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved