光明皇后(くわうミやうくわうごう)
 当国(たうごく)いつみ郡(ごほり)浦田(うらた)に智海上人(ちかいしやうにん)といふあり宮里(ミやざと)の滝山(たきやま)に仏乗(ぶつじやう)を信(しん)じ住(すミ)けるとき麋(めじか)来(きた)つて上人の尿(ゆばり)を嘗(なめ)て孕(はら)み終(つひ)に女子(によし)を産(うめ)り上人見すてがたく隣家(りんか)の嫗(をうな)に養育(やういく)をさせたりしに元来(もとより)貧(まづし)き農家(のうか)なれバかの女子七才の五月(さつき)嫗ともなひて田の苗(なへ)を植付(うへつけ)居(ゐ)たりしに都(ミやこ)より藤原不比等(ふぢハらふびと)勅願(ちよくぐわん)の御使(おんつかひ)としてこの巻尾寺に参詣(さんけい)ありしところ観世音(くわんぜおん)の霊瑞(れいずゐ)を蒙(かうむ)り帰路(きろ)に及(およ)びくだんの女子を見るに白玉(しらたま)の身より光明(ひかり)を放(はな)つがゆへ俄(にハか)に貴(たうと)び嫗に乞(こひ)うけて連立(つれだち)玉ひ帝の御傍(かたハら)に侍(じ)せしめしところ御寵愛(ごちやうあい)あつかりしかバ天平元年八月后宮(こうぐう)に立(たち)給ふすなハち是光明皇后にまし/\て御身(おんミ)仏縁(ぶつえん)ふかきがゆゑことさら仏法(ほう)を信じ玉ひ数多(あまた)精舎(じゐん)を建立(こんりう)し玉ひしこと不思議(ふしぎ)の験(れいげん)なり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved