唐僧(たうそう)威光上人(ゐくわうしやうにん)
 紀三井寺(きミゐでら)ハ三水(れいすゐ)あるがゆへ名とせり上人大般若経(はんにやきやう)を書写(かき)玉ふかたハらへ忽然(こつぜん)と美女(びじよ)来(きた)りたるに驚(おどろ)きて何方(いづく)のものと尋(たづね)けれバ清浄(しやう゛/\)水の滝(たき)のうちにかくれしが其後(そのゝち)三年へてかの美女又(また)来りて法螺貝(ほらがい)如意香炉(によいかうろ)加葉(しやう)の錫杖(しやくじやう)横道木桜(わうだうノさくら)等(とう)を献じて我(われ)は龍女なり上人の法徳(ほうとく)を永代(えいたい)信仰(しんこう)せんと去(さり)けるゆへその品々(しな゛/\)当寺(たうじ)の宝物(もつ)となつていまもそんせりそれのみならず其時(そのとき)よりして毎(まい)年七月七日にハ龍燈を献(けん)ずることふしぎの験(げん)なり

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved