佐原藤十郎
 佐原藤十郎は越前の者で、父母を亡くして後、家財を売り払って旅費として、都へ行く途中、近江国志賀の里で盗賊にあった。衣類等を剥ぎ取られて水中へ捨てられたが、肌着の中にこの長命寺の守仏があり、不思議に光を放っていたので、漁夫の夜網にかかって引き上げられ、生き返った。佐原藤十郎は、仏力を尊び、ついに長命寺の住僧の弟子となって『観音経』を怠らず読誦した。後に堅田村に堂を建て、命を助けてくださった守仏を安置して、ますます不思議な霊験を受けたということである。また、当山の観音は疱瘡よけの利益があって、信じる者にはさらに怪我なしという。
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved