松室 仲算上人の児
 仲算上人にお仕えしている稚児某はその容貌麗しく、『法華経』をよく読誦していたが、あるとき急にいなくなってしまった。捜したけれども稚児の行方はわからなかった。ある時、下部山に入って薪を採っていたところ、稚児が遠くの梢で『法華経』を読誦していたので、「あなたは仲算上人のところの稚児ではないですか」と尋ねてみると、「そうです。私はすでに仙人となりました。あなたはこのことを仲算上人に告げてください」と言うので、急いで戻ってこのことを仲算上人に告げた。仲算上人はその場所へ行き、稚児と対面することができ、お互いに大変喜んだ。稚児は仲算上人に向って「どうか御坊の琵琶をお与えください。毎年三月十八日に竹生島で、仙人の集まりがあるので、それに持っていきたいのです」と言うので、仲算上人はその琵琶を樹にかけて帰った。その翌年の其日に、仲算上人は懐しさのあまり船で竹生島を巡るうち、虚空から琵琶の音が聞こえ、船の中に落ちてきた物がある。これを見ればその琵琶だったので、深く尊んで、ついにこの島へ納めた。今、これは宝物となっている。この稚児は観音の化身であるので、霊験他にもまして今もあらたかである。
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved