開山斎遠禅師
 斎遠禅師は、とりわけ観音を信じていた。ある大雪の日、『法華経』を読誦していたところ、一鉢の蓄えもなくなって、飢え死にしそうになっていた時、不思議なことに庭の前に鹿の足が落ちていた。これは三種浄肉(食べても罪にならない肉)であると煮て食べた。なお怠らずに経を一心に読誦していたところへ里人が食物を背負ってやってきて、「この大雪で御坊はさぞ食べ物がなくなって困っていらっしゃったことでしょう」と言ったので、「こういったことがあって、飢えなくてすんだのだ」と語った。里人は不思議なことだと思い、その鍋の中を見てみたところ、鹿の肉ではなく、桧の削り屑のみがあった。驚いてそれを見れば斎遠禅師もあっけにとられて、本尊を拝み見れば尊体の腰から下に削り痕があった。「さては、この観音が私の食べ物となって飢え死にするところを救ってくださったのだ。なんと有難いことだろう」と祈念して、その削り屑を尊体の疵に押しあててみると、疵痕が元通りになった(成相)ので、このことから、成相寺と号し、今も霊験あらたかである。
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved