仲太小三郎 法名性空上人
 仲太小三郎は、本院左大臣時平公の孫の時朝大納言の侍である。この家にある、すばらしい硯は、御昇進の時にしか取り出さないのであるが、このたび大納言におなりになったお喜びに、硯を取り出して置いていた。参内されている御留守の時に仲太小三郎は、非常に硯を見てみたいと思って、十歳になられた若君に頼んでこの硯を開き、拝見していた時、「お帰りでございます」と告げる声にあわてて硯を落とし、割れてしまったので、ますますあわてて驚いてしまった。若君はその様子をごらんになって「悲しまなくてもよい。もしお叱りがあったならば、私のしたことだと言えば、そんなにお叱りもないだろう」となぐさめたので、仲太小三郎は、ひたすら若君にお願いしたのであった。その後、大納言は、硯が割れたのを誰の仕業か取り調べていたところ、若君のしたことと聞き、大変お怒りになり、「この硯は、住吉明神から大職冠鎌足公へ与えていただいた家宝であるので、それを割った罪は許すことはできない」と、十才の若君を殺してしまわれた。この時、仲太小三郎は、悲しみに耐えられず、世を離れて書写山に登り、性空上人と号し、若君を弔い、『法華経』を読誦した。この観音の霊験を受けて、ついに当山を開いたことは、不思議な因縁である。
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved