百済国王后
 百済国王の后は、世に名高い美人で国王に寵愛されたのだが、どういったわけか、まだ若い年齢であるのに白髪になり、いろいろと良薬を用いたが、いっこうに効き目があらわれなかった。ある夜、「日本国摂津国勝尾寺の観世音は霊験あらたかである」ということを夢に見た。夢から覚めると、すぐに日本の方角を聞いて一心に祈られたところ、その夜のうちに雪のように真っ白だった頭が瑠璃のような艶となった。
 国王はじめ百官も喜び、そのお礼として、閼伽器、金鼓、金鐘の三種を周文徳、楊仁紹という両人の商人に渡して日本へ送った。その品々が当山に納められて今なお宝物となっている事は、不思議な霊験である。
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved