開山源算上人
 源算上人は因幡国の人で、母の胎内にいる頃、母を苦しめた縁起の悪い子であるということで、山中に捨てられた。しかし、鳥獣も源算上人を害することなく、三日間乳をのまなくても死ななかった。その後、村人に拾われ、養育された。源算上人は十五才の時、比叡山に登り、剃髪したのであるが、母の死を聞いて当山に来た。源算上人の修行は言葉に言い表せないほどであった。少しも名利を好まず、ただ観音を信ずるだけであったので、この山の主、阿知坂神が木こりとなって現れ、また、数万の猪や鹿が来て岩窟を砕き、でこぼこの地を平地とした。その奇異なる有様が天皇のお耳に入り、ついに仏閣を御建立された。源算上人は山に七十四年間住み、承徳三年三月に定印を結んで百十七才で寂した。さらにその遺体は腐敗することがなかったので、人々はますます崇拝した。体の腐らない者は越後の弘智法印のように、ありがたい聖であるということを疑うべきでない。
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved