東山大工某
 京都東山あたりの岡崎という所に住む大工は、常に革堂の観音を信じて崇拝し、朝夕よく参詣していた。丹波の亀山に住むおばの危篤の知らせがきたので、すぐに旅立ちの用意をしていたところ、大工の女房は浮気相手と相談し、焼飯の中に毒を入れ夫を殺そうとたくらんでいた。このことを夢にも思わない大工はまず革堂へ参詣して、おばの病気平癒と道中の安全を念じて、丹波路へ向かった。樫原で日が暮れ、老ノ坂を越えようとした時、山の陰から山賊が二人現れて、大工の身につけているものを残らず剥ぎ取ってしまった。大工は裸で亀山にたどり着き、その一部始終を語ったところ、おばの子供に亀山音右衛門という相撲取りがいて、これを聞きすぐにその衣類を取り返しに、大工と連れ立って行った。すると、その二人の山賊は、先ほどの毒飯を食べてその辺に血を吐いて死んでいたので、奪われた衣類などは残らず取り返すことができた。『観音経』に「咒詛諸毒薬 所欲害身者 念彼観音力 還著於本人」とあるのはこれらのことである。大工の女房も浮気相手も、共に悪瘡にかかり、ほどなくして亡くなったという。おそるべきことである。
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved