主馬判官盛久
 盛久は平家譜代の侍である。屋島壇ノ浦の合戦で負け、義経に生け捕られ、鎌倉に連れられて、土屋三郎に預けられた。ついに由比浜で斬首されることが決定し、すでに敷革の上に座って『法華経』を一心に念じていたところ、太刀取の剱が次々と折れた。そこで、この一件を御所へ訴えた。頼朝公も不思議な霊夢を見たので、急いで盛久をお呼びになって尋ねてみたところ、「私は、常に『観音経』を信じ、清水の観音を念じている以外ありません」と答えたので、頼朝公は仏力を尊んで、一命を助けられただけではなく、所領もお与えになった。この「念彼観音力 刀尋段々壊」の経文によくかなった霊験である。
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved