後白河院
 後白河院は、いつも頭痛に悩まされていた。熊野へ御幸になり祈願されたところ、権現のお告げに、「洛陽因幡堂の薬師如来は、天竺から伝来した尊像であるので、この像に祈りなさい」と言われた。それゆえ、永暦二年二月二十二日、因幡堂に御参詣になり、お祈りされたところ、夢の中に貴僧が現れて、「後白河院の前世は、熊野の蓮花坊という者で、六十六部の経典を日本廻国して奉納した功徳によって天皇に生れた。しかし、前世の髑髏が岩田川の水底に沈んでおり、その目穴から柳が生え、今は大木となっており、風が吹くと動くので、今の後白河院の身に頭痛がおこるのです。急いで取りあげれば、頭痛は治ります」と告げられたので、水底をお探しになったところ、お告げの通りであったので、その柳の大木で観音の像をつくり、その中へ髑髏をお納めになった。得長寿院を改め、頭痛山平癒寺蓮花王院となされたのは不思議な霊験である。
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved