大津町杉女
 杉女は、当町裕福な家の下女である。どのような因縁によるものか、観音を幼い頃から深く信仰し、三井寺の全ての観音に毎月御縁日には、風雨の夜でも欠かすことなく参詣していた。それを主人をはじめ下人たちも皆陰で笑っていた。その頃、大津中に瘧が流行し、一人もこの病にかからない者はいないほどであった。すでに家の者も三、四十人、皆この病にかかったのであるが、この杉女だけは、全く床に伏せることがなかった。このことがあって以来、皆、仏力の尊いことを感じて、信心をおこしたのであった。また、ある時、杉女が天井の上にある薪をおろそうと梯子を登っていたところ、はるか上の方から、二、三十束の大薪が崩れ落ち、梯子が倒れた。杉女はまっさかさまに石臼の上へ落ち、杉女の上へたくさんの薪が落ちてきたが、少しの怪我もなく助かった。この不思議な出来事に、杉女は懐を改めて見たところ、入れた覚えのない如意輪観音の尊像が出てきて、ますます信心を深くしたのであった。『観音経』の偈に「堕落金剛山 念彼観音力 不能損一毛」とあるのは本当に有難いことである。
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved