山州綺田村農女
 昔、綺田村の農夫は、常に仏道を信じ、彼には一人の娘がいた。この娘、幼い頃から『観音経』を読誦して、三室戸寺の観音を信じていたので、全く殺生をしなかった。ある日村人が蟹を取って殺そうとするのを見て、娘は家の乾物と取りかえてその蟹を放した。娘の父は、耕作に出て蛇が蟇を呑むのを見つけ、蛇から蟇を放してやろうとするけれども蛇は放さなかった。そこで、戯れに「その蟇を放せば私の娘を与えよう」と言ったところ、蛇は呑みかけた蟇を放して藪の中へ去っていった。その夜、蛇が人に化けてやってきて「約束通りに来た」と言う。父は驚いて、とっさに「二、三日経ってから来てください」と答えたので、蛇はその夜は去っていったが、また三日後にやって来た。その時娘は、一部屋にこもって一心に『観音経』を読誦し、日頃信じている三室戸寺を念じていた。蛇の変化は、尾で部屋の戸を破り入った。そして、いよいよ危なくなった時、突然たくさんの蟹が現れ、その蛇をはさみで斬り殺して去っていった。これによってその地を寺とした。すなわち蟹満寺がこれである。
 

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved